社団法人 北海道ビルメンテナンス協会
地区協活動報告
令和3年11月4日

労働安全衛生大会 実施報告


 10月26日(火)釧路市生涯学習センターにて釧路地区労働安全衛生大会を会員、非会員合わせて31名の参加をいただき開催しました。

 開催に当たり、臼井釧路地区協議会会長から、最近の労働災害の発生状況等に関するお話を含めて開会挨拶がありました。
 また、水野北海道ビルメンテナンス協会副会長から、労働災害防止には妙薬はなく、労災保険料を上げないように、安全には注意が必要とのお話を含めて主催者挨拶がありました。

 講演の第一部では 釧路労働基準監督署安全専門官 瀬戸 神津太郎様より「ビルメンテナンス業における労働災害防止について」と題し、労働災害発生状況、ビルメンテナンス業における死亡災害事例、ビルメンテナンス業における労働災害防止ガイドライン等に関する講話をいただきました。

 第二部では、「KYT(危険予知活動)そしてRA(リスクアセスメント)へ」と題して、一般社団法人 日本労働安全衛生コンサルタント会 北海道支部の労働安全コンサルタント 佐藤尚武様による安全講話をいただき、KYTとリスクアセスメントの考え方の違いを「けがをしたくてする人はいない、でもけがは発生し続ける」との言葉を含めて説明していただきました。

 講演終了後、全員で安全作業を誓い合い、緒方釧路地区協議会副会長からのメッセージを小泉事務局長が代読し、令和3年度釧路地区労働安全衛生大会は閉会いたしました。
 

【釧路】 労働安全衛生大会①【釧路】 労働安全衛生大会②
【釧路】 労働安全衛生大会③【釧路】 労働安全衛生大会④
【釧路】 労働安全衛生大会⑤【釧路】 労働安全衛生大会⑥


Copyright