社団法人 北海道ビルメンテナンス協会
地区協活動報告
令和1年10月11日

労働労働安全衛生大会 実施報告

 令和元年10月9日(水)13:30より、苫小牧市民会館にて苫小牧地区労働安全衛生大会が開催され52名の参加がありました。

 開会にあたり苫小牧地区協議会 水野会長より挨拶があり、労働災害は転倒事故が主であり、経営者側が先頭に立って取り組みを実施していくことが必要というお話を頂きました。

 引き続き、北海道ビルメンテナンス協会 岡田会長より主催者挨拶として労働災害が昨年比157.5%と増加傾向にありビルメンテナンス協会として安全衛生活動に取り組み労働災害防止に努めていきたいということで講義へと入りました。

 まず、苫小牧労働基準監督署 桜田署長よりスライドを使って労災の転倒事故などの具体例をあげながら4S活動(整理・整頓・清掃・清潔)や計画的な安全衛生教育の実施、また年齢や体力面を考慮した設備や通路の改善などの対応策を講じて頂きました。次に株式会社ピカコーポレイション札幌営業所所長 小笠原様より転倒・転落におけるリスクに関して脚立などの安全な使い方と選び方を実演含めて講演を頂きました。

 最後に地区協議会 福士副会長より閉会の挨拶として本日の内容を参考として各社会社に持ち帰って十分役立てて下さいということで終了しており、各従業員の皆様の参考となったお話を聞けたと思います。

 


【苫小牧】 労働安全衛生大会 

【苫小牧】 労働安全衛生大会 

 【苫小牧】 労働安全衛生大会 

 【苫小牧】 労働安全衛生大会 

 【苫小牧】 労働安全衛生大会 

 【苫小牧】 労働安全衛生大会 

 【苫小牧】 労働安全衛生大会 

 【苫小牧】 労働安全衛生大会 


Copyright